入籍から始まる指輪ライフ|婚約指輪に込めた想い|お店選びが重要になる

入籍から始まる指輪ライフ

手

式の準備

一般的には入籍後に身につけるのが結婚指輪だと言われています。結婚式の儀式で使用する場合、礼装との相性も考えて結婚指輪のデザインを選ぶことが大切です。たとえば、二人が和装をする神前婚の場合は、それに合わせた指輪をすることが大切です。具体的には、和柄の指輪や木製のものがおすすめです。逆にウェディングドレスで洋風の式を挙げる場合、多様な結婚指輪が選びやすいでしょう。結婚指輪は元々西欧から日本に渡ってきたものですから、洋装との相性が良いのです。またこうした指輪の中には特定のキャラクターとコラボした商品もありますので、遊び心に溢れた結婚指輪を手に入れたい時はセレクトしてみましょう。子供にも好かれる指輪です。

指輪の色で変わる要素

結婚指輪はフォーマルな性質があるとしても一つのアクセサリーです。日常的につけやすいようにキュートなデザインを求める場合、まずはカラーにこだわってみましょう。一般的な結婚指輪のアームにはシルバーやゴールドを選択する方が多いですが、それだけでは女性らしい可憐な魅力は生まれません。そこでピンクゴールドのアームなどを選択すれば、アームオンリーでも光り輝く存在感が生まれます。また人によってはコンビネーションリングを選ぶ方がおられます。複数の素材から作られた結婚指輪であればカラフルな魅力があるのです。また結婚指輪を購入する際に考えたいのが宝石の種類です。代表的なものはダイヤモンドですが、決まりがあるわけではありません。アームとの相性も考えて理想的な色の宝石を選んでみましょう。